何がどう便利になるの?CADを導入することのメリットとは


図面をデータとして簡単に扱える

CADを導入することで様々な設計作業を効率化できます。手で書いていた図面がデジタル化され、やり取りもデータで行えるので便利です。紙の図面は重量があり持ち運びも大変ですが、CADならデータとして図面を簡単に共有できます。作業を分担して同時に製図を進めたり、社内外での共同作業を行いやすいのもメリットです。データを協力会社に展開するなどプロジェクトの進行もスムーズになります。データの修正も簡単に行えるので、製図を間違えても同じ図面でそのまま作業を継続できるのが強みです。既存のデータを流用したり、類似製品の設計もスピーディーに進められます。CADでは一般に公開されているデータも多く、ルールに従って利用することで設計作業の幅を広げやすくなるのも特徴です。

体積を出したりデータの解析も行える

CADを導入すれば後工程への受け渡しもスムーズに行えます。計算間違いなどのミスが発生しにくいため、手戻りによるコストを最小限に抑えられるのもメリットです。作業が標準化されており、手書きで表れやすい個人の癖といったスキルの違いも出にくくなっています。使い方さえ覚えれば、初心者でも面積や寸法の整合性がとれた図面が作れるはずです。一人でも技術が習得しやすく、個人はもちろん企業としてのノウハウも蓄積しやすくなっています。CADのデータは体積や質量など、様々な情報がクリックするだけで簡単に出せて便利です。部品がぶつかり合って干渉しないかといった解析も行えます。データからすぐに加工できるので試作品を作る手間もかかりません。

電気CADは、平面図では十分に把握しにくい複雑な電気配線や配管を立体化でき、日々の業務の効率化に繋がります。