薬に頼らずに治療できる!うつ病の治療方法


自分を甘やかしても大丈夫。休養をとること

うつ病にかかる人の多くは、自分が思っている以上に頑張りすぎています。そして、そのように頑張りすぎている人ほど、自分は何もできていないなどと自分を責めやすい傾向にあります。このままでは、うつ病は悪化する一方です。職場や学校を休み、しっかりと休むことが必要です。休むときまで、仕事や勉強をしない自分なんてダメなどと責めるのはやめましょう。休養は誰しも必要で、うつ病であればなおさら休まなければいけません。無駄に自分を責め続けてしまうのは、休めていない証拠です。やるべきことから少し離れて、睡眠や栄養をしっかりとって、趣味などがあれば没頭して、心も体も満たしていきましょう。時間がかかっても大丈夫ですよ。

誰かに話を聞いてもらう

うつ病になった場合、対人関係が億劫になってしまう人が多くいます。そのため、一人で抱え込みやすく、うつ病が悪化してしまうこともあります。自分の悩みを自分だけで抱え込むのは、解決できるかどうかも分かりませんし、解決できたとしても時間がかかりやすくなります。そのため、誰かに悩みを打ち明けて、心の負担を軽くしていきましょう。誰かというのは、家族や恋人や友人などの身近な人で構いません。もしも身近に話せる人がいないのならば、心療内科医やカウンセラーに頼ってみましょう。誰かに話すことで考えに整理ができたり、意見を聞くことで視野も広がります。上手く言葉に表すことができなくても、話そうという勇気が必要です。その勇気があるだけで、十分な進歩といえるのです。

TMSはうつ病や慢性疼痛などの神経疾患を治療する磁気エネルギーを利用した方法で、アメリカやヨーロッパなどで使われています。副作用が少なく安全性が高いのが特徴。日本では一部の医療機関だけで実施されています。