作業効率の向上に不可欠?CAD導入のメリットと注意点を学ぼう!


CADがあれば熟練者以外でも製図作りが可能

製図を一枚仕上げるには熟練の技術者が長時間をかけて作成に従事する必要がありました。技術者の数は限られているうえ作成できる枚数も多くありません。そのため、必要な製図がすぐにはできないという問題があったのです。そのため、製図作成をコンピューター上で行うCADはそのような問題を解決する効果的な方法として急速に普及しました。手順に沿って操作を行うことにより、今までは豊富な知識や経験が必須だった製図作りがまったくの初心者でも可能になったのです。CADは作成中の修正も容易なので、計画の変更にも速やかに対応することができます。その点もCADが様々な現場で広く受け入れられた理由のひとつと言えます。

便利な一方で注意点もある

CADによる製図作りは初心者でも精度の高い一枚に仕上げることが可能です。データの共有やコピーも可能なので、作業効率の向上を図ることができます。製図作りの問題点の多くを解消できるCADですが、便利な一方で欠点があることも忘れてはいけません。CADの操作性はコンピューターの性能に左右されます。一般的に新しいCADソフトになるほどコンピューターに求められる性能も高くなるので、作業効率を向上させるには設備の入れ替えが必須条件です。また、CADによる作成に慣れ過ぎると、自分の手で紙に書く旧来の製図作りが非常に困難となってしまうのも注意点のひとつです。特定のCADソフトばかり使っていると他のソフトに対応できないという問題も起こるので、複数のソフトの操作に慣れておくことも大切です。

水道CADはいろいろな配管のバリエーションがあるため、図面を簡単に作成することができます。仕上がりや修正もきれいに完了することが可能です。