LED照明に変えるメリットをチェックしてみよう!


省エネで寿命が長いのが魅力

LED照明に変えるメリットとして、まず挙げられるのが省エネで寿命が長いという点です。白熱電球と比べて約6分の1・蛍光灯と比べて約2分の1という消費電力となっているので、とても経済的な照明と言われています。寿命も白熱電球の約40倍、蛍光灯の約4倍とかなり長いのが特徴です。電気代が安くなり、なおかつ寿命が長いので照明を変える手間暇が無くなるというメリットがあります。メーカーによってはLED照明に5年間などの保証を設けているところもあるので、長く使い続ける照明としてLEDはメリットが大きいと言えるでしょう。

環境にもメリットが大きい

LED照明に変えることで、環境にも良いメリットが得られます。寿命が長いので頻繁に変える必要がありません。蛍光灯と比較するとゴミがでにくいので、環境にも良いと言われています。また蛍光灯の場合は水銀や鉛、カドミウムなどが使われていますが、LEDの場合はこのような環境を破壊するリスクのある素材が使われていないというのもメリットです。また、他の照明に比較すると廃棄が簡単という点も、LED照明のメリットです。

色々なカラーを楽しめる

照明といえば室内を明るくするための道具でした。ですがLED照明が誕生したことによって、照明のカラーを楽しめるようになりました。蛍光灯のような白っぽいカラーから、オレンジがかった温かみのあるカラー、緑や青などカラーのバリエーションは豊富です。ただ単に部屋を明るくするという以外にも、LED照明を用いてアート作品も作れるようになっています。

LEDライトパネルは、LEDをパネル側面に配置してバックからライトアップする看板のことです。蛍光灯のパネルと比べて寿命が長くて省電力で、LEDそのものが小型なのでパネルも薄型で軽量にできるのがメリットです。