フランチャイズとは!?安心できるビジネスなのかどうか


コンビニが分かりやすい例

フランチャイズを理解する時は、コンビニを意識すると分かりやすいです。各社が展開するコンビニは全国に数多くありますが、オーナーはそれぞれ異なります。中にはフランチャイズではなく直営のコンビニもあります。

フランチャイズでのれん分けする時は、決められた商品をお店に並べないといけません。他のコンビニのオリジナル商品を並べることはできず、もしフランチャイズ契約内容に違反すれば契約解除などのペナルティがあります。もちろん商品はマーケティングの末に企画・開発されたものなのである程度の売り上げは見込めます。

絶対的な安心感はない

フランチャイズは、軌道に乗れば何十年と安定して継続できます。しかし、暗雲が立ち込めると一気に撤退せざるを得ない状況になります。周囲の状況は刻一刻と変わるので、例えば近くにライバル店が出店したら危機的な状況になりかねません。お客様が全て他店に流れてしまうと、閑古鳥が鳴くからです。

フランチャイズにおける成功を左右するのは出店位置と言われています。車で入りやすく、近くの会社や民家から通いやすいようなお店は必然的にお客様が流れ込みます。例えライバル店が近くに出店したとしても、こちらの方が利便性に優れていたら負けることはありません。

オーナーの手腕が問われる

フランチャイズのオーナーがアルバイトのシフトや商品の注文などを自由に決定できるので、手腕が問われます。オーナーが自ら多くシフトに入れば人件費を削減できますし、アルバイトを多く雇うとそれだけ人件費がかかります。商品を無駄にしないような注文も求められます。

フランチャイズ募集には、フランチャイズ制度を利用して独立開業を目指す方が、新たな人生を歩み出せるものがあります。